人気のイラスト・アニメの専門学校おすすめランキング

イラストが好きな方、今は自信がないけど将来はイラスト制作の仕事に就きたいという方はとても多く、企業でも在宅でもできるのが魅力です。

最近ではデジタルタブレットやCGでイラストを描くことができ、イラスト制作の幅が広がっていますね。

イラストの専門学校に通うと、デッサンだけでなくCGの制作技術や表現力など、総合的な力を養うことができます。

プロとして即戦力となる人材になれるよう、スキルアップすることが可能です。

でもいざ専門学校を選ぼうとすると、学校の数も多く、迷うこともあるかと思います。

そこで、イラストの専門学校に興味のある方向けにおすすめの専門学校を紹介していきますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

第1位 「アミューズメントメディア総合学院」

「アミューズメントメディア総合学院」
公式サイトで詳細を見る

詳細はこちらから

2年間でプロになると言う言葉が、嘘ではない学校です。

アニメーション学科の就職率は100%、イラストデビューは200冊を超えています。

資料を無料で配ってますので、気軽に取り寄せてみて下さい。

全学科とても高い就職率を誇っています。

自分の実力をしっかりと発揮したいと思う方におすすめです。

アニメーション学科 キャラクターデザイン学科 マンガ学科 アニメ・ゲーム3DCG学科 声優学科 ゲームプランナー学科 ゲームプログラマー学科 ノベルズ創作学科

詳細はこちらから

第2位 大阪アニメーションカレッジ専門学校【アニメ業界に強い】

アニメやマンガの分野に特化した専門学校です。

イラスト好きの仲間達と一緒に楽しく学べます。

描くことを基礎として、デジタルツールもマスターしていきます。

生き生きとしたキャラクターを描いて、印象を与えられるデザイン作りをしたい方におすすめの学校です。

印象に残るキャラクターを描ける能力を、構図や配色、塗り、世界観から学べます。

第3位 トライデントコンピュータ専門学校【就職率が高い】

産学協同授業や業界研究、海外研修が行われています。

個別サポートで学べるので、高い技術を習得し就職に活かせます。

CG制作をじっくりと学べるので、ゲームのCGデザイナーとしてゲーム業界に採用も夢ではありません。

CG制作ができるクリエイターへ

未経験の人でも、業界で働けるレベルまでデッサン力を高めることができます。

CGの制作を基礎から学んでいきます。

1年次に鉛筆によるデッサンから着彩制作では色彩感覚を高めて、立体造形と色彩構成の基礎を学びます。

3年間で追究力と表現力が加わり、レベルの高いCG制作が身に付きます。

一人一台ハイスペックパソコンを使う授業

一人一台高性能なパソコンが使えます。

施設が充実しているので、じっくり時間をかけて制作に取り組めます。

キャラクターの制作や立体感、ライティングなどをフル3DCG作品や実写との合成映像の魅力に迫れます。

絵コンテを作ってアニメ化する授業もあります。

コンテストにも挑戦し、スキルを高めていきます。

第4位 大阪デザイナー専門学校

『大阪デザイナー専門学校』は、イラストを制作する方法を教えてくれるだけではなく、様々な設備を完備しています。

そのため、学びやすい環境を整えているので、詳しく解説しましょう。

学校の特徴

自宅から離れた専門学校へ入学してしまえば、通学するだけで時間をかけてしまうので、作品を制作する時間を確保しづらくなります。

そこで、本校では『学生マンション』や『学生寮』などを用意しています。

学生専用マンションでは、通学時間が30分以内になっている上に、24時間サポートしてくれるので、様々なトラブルにも対応してくれるのです。

学生寮では、朝と夕方の食事を作ってくれるので、初めて独り暮らしをする方でも、勉強に集中しやすい環境です。

校内では『イラストレーションフロア』があって、壁には多くのイラスト作品が展示されているので、作品を制作する際に参考にする事ができます。

カリキュラムの内容

学科は、様々なものがあって、その中でも、おすすめなのが『コミックイラスト』や『イラストレーション』などです。

コミックイラストでは、コピックや水彩などのアナログ画材の利用方法を教えてくれるので、今までとは違う画風を確立する事が可能です。

さらに『Clip Studio』や『Photoshop』などの専用ソフトの操作方法なども学ぶ事ができるので、デジタルの作品を制作する事ができます。

ただし、コミックイラストはコースによって学べる内容が違うので注意して下さい。

イラストレーションでも様々なコースが用意されていて、コースによって作品を制作するための知識やテクニックを学べますし、キャラクター制作を学べるコースもあります。

さらに絵本を制作するコースまで用意されているので、あなたが学んでみたいと思えるコースを選んだほうが良いです。

第5位 九州デザイナー学院

『専門学校 九州デザイナー学院』では、学びやすい設備を完備しているので、効率よくスキルアップする事ができます。

それでは、どのような設備やカリキュラムが用意されているのか紹介するので、参考にしてみて下さい。

学校の特徴

デジタルの作品を制作するためには、パソコンやペンタブレットが必要になっていきます(上位機種のペンタブレットであればパソコンが不要の場合もあります)。

ペンタブレットがなくてもイラストは制作できるのではないかと思ってしまうかもしれませんが、マウスではなめらかな線を描く事ができないので、注意しなければいけません。

Illustratorというソフトを利用すれば、ペンタブレットがなくてもイラストを制作できますが、ペンタブレットで下描きをしておけば効率よく作品を制作できます。

本校では『Macルーム』が完備されているので、生徒たちはMacを利用できるので、デジタルの作品を効率よく制作する事が可能です。

カリキュラムの内容

本校は、イラストに関連する学科は少なくなっていますが『イラストレーション学科』では、様々なスキルを習得する事ができます。

実際に、Macの基礎からデジタルワークまで学べるので、パソコンを操作した事がない方でも作品を制作できるようになります。

デッサンやドローイングなども学べるので、画力をアップさせる事もできるので、イメージ通りのキャラクターを描けるようになるのです。

様々なスキルを習得できても、プロとして活躍できなかったら意味がないので、本校では『ポートフォリオ制作』もカリキュラムに含まれています。

ポートフォリオとは作品集の事で、イラスト関連の企業に就職活動する際には、自分の才能をピーアールする事ができるのです。

そのような事を考えたら、学校でポートフォリオを制作できるのは魅力的なポイントでしょう。

第6位 大原情報デザインアート専門学校

専門的なスキルを学んでも、自分がプロデビューする事ができるのか不安を感じてしまう方もいるでしょう。

そのような方でも、授業に集中しやすい学校があって、それが『大原情報デザインアート専門学校』です。

本校では、生徒たちのデビュー活動を強力にバックアップしているので、その魅力に迫ってみましょう。

学校の特徴

日本は、円高から円安へ変わっていきましたが、それでもデフレから脱却できない日々が続いているので、就職内定率は依然として厳しいものがあります。

ところが、本校では驚くべき事に、就職内定率が100%にもなっているのです(2019年時点)。

なぜ、このように高い就職内定率を誇っているのかと言えば、校内で『講評会』や『オーディション』などを行っていて、生徒たちを強力にバックアップしているからです。

さらに講師は現役のプロなので、生徒たちに的確なアドバイスをしてくれるので、しっかりと授業に集中していれば、プロデビューするのも夢ではありません。

カリキュラムの内容

本校は、様々なコースがあって、コミックイラストコースでは『デッサン』や『イラストレーション』を学べるので、着実にスキルアップする事ができます。

その他にもデジタルコミックコースがあるので『2DCG』を学べますし、デッサンからキャラクター制作まで学べる『イラストレーションコース』まで用意されているのです。

キャラクターの制作を徹底的に学べる『キャラクターデザインコース』もあるので、イメージ通りのキャラクターが描けない方には、おすすめのコースです。

最後に『マンガ・イラストプロフェッショナルコース』もあって、イラストレーターの仕事だけではなく、漫画家としての仕事も引き受けられるような指導を行なっているコースもあります。

第7位 代々木アニメーション学院

『代々木アニメーション学院』では、イラストレーターとして活躍している講師たちが多くいるので、短期間でプロ並みのスキルを習得する事も可能です。

今よりも高いスキルを習得したい方のために、本校の講師たちやカリキュラムを紹介するので、みていきましょう。

学校の特徴

優秀な講師陣の中には、プロの業界で活躍していた『中泉達也先生』や『中田翔子先生』たちがいます。

中泉達也先生は、フリーイラストレーターとして雑誌のイラストカットや小説の挿絵などの仕事をしてきた方です。

さらに、デザイン会社で出版物のイラストやデザインを担当した上に、フリーへ転身してキャラクターイラストの仕事もてがけていきました。

これほど優秀な講師たちがいるので、独学で学ぶよりも短期間で高い画力が身に付くようになるでしょう。

カリキュラムの内容

本校の『イラスト科』では、アナログからデジタルの画材を利用する方法を指導しています。

そのため、イラストレーターの仕事を引き受ける事もできれば、CGの仕事も引き受ける事も可能です。

1年次には『デッサン』や『人体描写テクニック』を学んで、徹底的に画力を高めるための授業を受けていきます。

今まで画力が低くて、イラストレーターを目指すべきか悩んでいた方でも、本校であればプロを目指す事は十分に可能です。

2年次には、ゲームイラストから季節や時間帯を描き分ける方法まで指導してくれるので、様々な作品を制作できるようになります。

第8位 東京デザイナー学院【Webサイト制作、ゲーム制作】

グラフィックデザイン科、イラストレーション科ではWebメディアやWeb制作、デジタルイラスト、ゲームイラストに関するスキルを習得できます。

グラフィックデザイン科では、Webサイト制作に必要なHTML、CSS、Photoshopといったスキルから現代のWebサイト制作に必要なデザインスキルを学ぶことができます。

Webデザイナー、広告デザイナーといったお仕事に就くことができます。

イラストレーション科ではゲーム制作に必要なキャラクターや背景のイラスト、タイトルロゴのデザインに関するスキルを習得できます。

キャラクターやイラスト、ロゴデザインだけでなく世界観設定まで学ぶこともできます。

Photoshopはもちろん、Clipstudioも学ぶことでより幅広く活躍できるスキルを習得できます。

第9位 日本アニメ・マンガ専門学校【マンガ制作】

マンガクリエイト科、コミックイラスト科といったマンガ制作に関するカリキュラムが充実しているスクールです。

マンガ・イラストマスター科ではその名の通り、マンガとイラスト制作に関するスキルを両方習得できるコースで、マンガ家、マンガ家アシスタント、イラストレーター、絵本作家、グラフィックデザイナーといった仕事を目指すことができます。

就職実績も高く、作品のクオリティの高さから多くの就職先への就職実績があります。

HAL東京・大阪【アニメ制作】

HALは有名な専門学校の1つなのでご存知の方も多いでしょう。

HALのアニメーター専攻、イラストレーション専攻では作画、企画、演出といったアニメーション制作に必要なスキル、キャラクター制作に必要なイラストレーション制作に必要なスキルを学べます。

HALの大きな特徴は「完全就職保証制度」があることです。

HALの卒業生は企業で即戦力として評判が高いこともあり、完全就職保証制度を掲げる自信度から就職実績への信頼が持てる専門学校です。

イラストレーター専攻ではイラストレーター技術の中でもCG制作のスキルも身につけられるので、就職後も幅広く役立つスキルを身につけることができます。

イラストの専門学校ではこんなことが学べる

イラストの専門学校といっても実際に見てみると専門学校の数はとても多く専門学校によって特色があり学べることもさまざまです。

イラストを上手く描くためのスキルの他に学べることには大きく分けて3つあり、 

  • Webサイト制作
  • ゲーム制作
  • マンガ、アニメ制作

といったイラスト技術について学ぶことができます。

イラスト技術では、最近はパソコン上で制作するものが多いですがペンタブレットや3D技術を使ったイラスト制作もあるので一言に「イラスト制作」といっても用途や目的はさまざまです専門学校ではこういったことが学べますがどの専門学校も同じカリキュラムがあるのかというとそうではなく、専門学校によって特色があり学べる内容も学校によって異なります。

例えば「3D技術を使ったイラスト制作をしたい」という場合はどの専門学校でも3D技術を使ったイラスト制作を学習できるというわけではないので、学習したい方は対応している専門学校を選ぶようにしましょう。

専門学校選びではジャンル選びが大切

イラストの専門学校で学べることには大きく分けて3つありますが、専門学校によって学べる内容が異なるので「ジャンル選び」がポイントになります。

専門学校を選ぶときは、

  • webサイト制作
  • ゲーム制作
  • 漫画制作
  • アニメ制作

といったイラスト制作のジャンルから「自分はどのジャンルを学習したいのか」「将来はどのジャンルに関わる仕事をしたいのか」を見極めて専門学校を決めることが大切です。

イラスト制作といっても目指すジャンルによって学習内容や使用する教材が異なるので「自分が何をしたいのか」をイメージしてジャンルを明確にすることはとても大切です。

専門学校の選び方のポイント

自分の興味のあるジャンルが決まったら専門学校を選びますが、ジャンルだけ決めてもどの専門学校にしようか迷いますよね。

専門学校にはジャンルの他にもいろんな特徴があるので、ポイントを押さえて専門学校を選ぶようにしましょう。

  • どのジャンルを学びたいか
  • ネームバリューだけで決めない
  • 学習する年数、学費はどのくらいか
  • 通信講座、通学タイプのどちらか
  • 就職サポートの有無、就職実績はどのくらいか

こういったことを押さえておくと、ある程度通いたい専門学校のめやすとなるでしょう。

自分が何をやりたいかが大事

選び方のポイントで「ネームバリューだけで決めない」とありますが、長続きしない方の多くは「ここなら安心かも」と専門学校のネームバリューだけで専門学校を決めてしまうところにあります。

確かに、ネームバリューの大きな学校なら安心して通える面もありますが、本当に自分のやりたいことに合っているかは別なので、そういったところもしっかり見極めて選ぶことが大切ですね。

就職サポート、就職実績を見ておく

よくあるのが「イラストの専門学校を卒業したらイラスト関連の企業に就職できる」と確信を持ってしまっているということです。

イラストが苦手な方もイラストの専門学校に通うことで、イラスト制作の技術・スキルを習得できるのは確かですが、イラストの専門学校に行ったからといって必ず就職先が見つかるというわけではないのが現状です。

中には就職サポートのない専門学校もあるので、将来イラスト制作の仕事に就きたいという方は就職サポート、就職実績はどのくらいかを見ておくといいでしょう。

専門学校のHPなどで「就職実績〇%」「就職先企業例」を載せている場合は参考にし、無料体験スクールがある場合は就職実績について詳しく聞いてみるというのも1つの方法ですね。

通信講座、通学必須、自分に合った受講スタイルを選ぶ

専門学校といっても通学スタイルだったり通信講座のものまで幅広くあります。

通学スタイルの専門学校では都心部にしかないところもあり、地方や遠隔地に住んでいる方は通学できないのでその専門学校を選べません。

また、家の事情で通学できない、子育て中で通学はできない、などいろんな事情の方も多いと思います。

ですが、通信講座やオンライン受講ができるスクールなら自宅にいながら好きな時間に、好きな場所でイラスト制作のスキルを習得できるので、通信講座やオンライン講座もおすすめです。

受講しやすい自分に合った専門学校を選ぶのもポイントですね。

専門学校と美術大学を比較

専門学校と美術大学のどちらを選ぶべきか悩んでいる方は多いでしょう。

そこで、2つの学校を比較しながら紹介するので、どちらのほうが、あなたに合う学校なのか参考にしてみて下さい。

試験内容

美術大学に入学するためには、試験で『デッサン』をする必要があります。

デッサンと言えば、多くの方たちがイメージするように、鉛筆だけで林檎や手を描く事になるので、少し退屈に感じてしまうかもしれません(美術大学では木炭を使用する場合もあるので注意)。

実際に、デッサン力が低かったら、イメージ通りの絵を描く事ができないので、画家またはイラストレーターになるためには必要な能力です。

しかし、専門学校の場合には試験でデッサンをする必要がないので、イラストを描く事が下手な場合でも、入学しやすくなっています。

周りのレベル

画力が低くて、イラストを描く事が下手な場合には、他の生徒たちから見られて、笑われてしまう事を気にする方もいるでしょう。

もしも、周囲の方たちの視線が気になるようであれば、美術大学よりも専門学校のほうがおすすめです。

なぜなら、美術大学の場合には高いデッサン力がなければ入学できない環境なので、周りのレベルが凄く高くなっているからです。

レベルの高い美術大学に比べて、専門学校のほうがレベルは高くはないので、少し画力が低くても笑われる可能性は低くなっています。

講師が求めるレベル

美術大学に入学した生徒たちの中には、プロの画家になれた方は多くいます。

しかし、画家になれるほどの才能がある生徒でも、講師から厳しい事を言われてしまった事を美術雑誌で掲載される事があります。

美術大学というのは、そこまでレベルが高いものを求められる厳しい環境なので、画力が低い場合には注意しなければいけません。

講師から厳しい事をあまり言われたくない場合には、専門学校のほうを選んだほうが良いでしょう。

専門学校で学べる内容

専門学校は、美術大学よりもレベルが低いので、入学するほどの価値があるのだろうかと思ってしまったかもしれません。

ところが、専門学校で学ぶメリットはいくつもあるので、詳しく解説しましょう。

様々な画材の使い方

絵画やイラストを描く際には『画材』を使う事になりますが、専門学校では様々な画材の使い方を教えてくれます。

実際に、絵画やイラストを描く画材は、岩絵の具・油絵の具・水彩絵の具・アクリル絵の具などがあるのです。

岩絵の具は、日本画で多く使われているので、イラストよりも絵画で使われるケースが多い事から、画家を目指している場合には学んでみる価値があります。

油絵の具は重厚な作品を描く事ができますし、水彩絵の具は淡い作品を描きやすくなります。

アクリル絵の具は、簡単に重ね塗りができるので、それぞれ特徴が違っているので、多くの画材の使い方を学ぶメリットは大きいです。

パソコンや液タブの使い方

岩絵の具や水彩絵の具で描く作品は、アナログと言えますが、それに対してデジタルの作品もあります。

デジタルの作品とは、パソコンで制作されたイラスト作品です。

パソコンを使う事ができれば、専用ソフトを併用する事によって、2DのCGを制作する事ができます。

液タブも使えるようになったら、アナログと同じような感覚で、デジタルのイラストを作成する事も可能です。

専門学校では、パソコンや液タブの使い方まで教えてくれるので、アナログとデジタルの両方の作品を制作できるようになります。

レベルの高さ

専門学校へ通う生徒たちの中にも、レベルの高い生徒はいますが、レベルがそれほど高くない生徒もいます。

そのため、自分のレベルが高くなくても、ライバルの実力差に絶望して、途中で挫折する可能性は低いです。

プロを目指している方には、物足りなく感じる場合もありますが、趣味の延長でイラストを制作したい方には、魅力的な環境と言えるでしょう。

専門学校を選ぶ際のポイント

絵を描く事が下手な方には魅力的な専門学校ですが、選ぶ際には、いくつか抑えておくべきポイントがあります。

入学してから後悔する事がないように、どのポイントに注目すれば良いのか説明します。

学科の種類

専門学校は、アナログとデジタルの両方の画材を使えるように指導してくれる所は多いのですが、選ぶべき学科を間違えてしまっては、学べない場合があるのです。

例えば、アナログの画材の使い方だけを教えてくれる学科もあれば、デジタルの画材の使い方だけを教えてくれる学科もあります。

アナログとデジタルの両方の使い方を教えてくれる学科もあるので、注意する必要があります。

さらに、学科によって指導内容も変わっている事もあるので、可能であればオープンキャンパスに参加して、どのような学科があるのか質問してみるのも良いでしょう。

設備状況

アナログの画材だけを使うのであれば、設備状況はあまり関係がないのですが、デジタルには注意しなければいけません。

なぜなら、設備状況が悪い専門学校の場合には、パソコンや液タブを生徒二人で一台までしか使わせない所があるからです。

一人で一台のパソコンや液タブを使えるようでなければ、効率よく勉強をする事ができないので、パソコンや液タブを多く用意されている専門学校を選ぶ事も重要です。

さらに、専用ソフトも多く用意されているほうが、デジタルのイラストを制作しやすいので、専用ソフトも確認してみて下さい。

専門学校の注意点

魅力的なポイントが多い専門学校ですが、いくつか注意すべきポイントもあります。

そこで、どのような所を注意すれば良いのか紹介するので、みていきましょう。

プロになれる確率

多くの専門学校は、学習期間が2年となっているので、短期間でスキルアップできなければ、プロの画家またはイラストレーターになる事は難しいです。

さらに、美術大学に比べてレベルが低い生徒が多い事から、初歩的なスキルを習得できる所から指導するので、プロになれる確率は低いのが実情です。

専門学校へ入学する際には、日頃から、自分のほうから率先的に絵画やイラストを制作しようとしなければ、プロになれないという事は覚えておきましょう。

授業の雰囲気

専門学校の全てという訳ではありませんが、中学や高校ほど厳しい雰囲気はありません。

そのため、専門学校で学ぶ事が楽しく感じられる生徒は多いのですが、気が緩みやすいというデメリットもあります。

入学する際は、プロになるという強い意志を持っていた生徒でも、楽しく授業を受けられる事から、次第に気が緩んでしまって、卒業する際にはあまりスキルアップできなかったというケースがあります。

そのようなケースもあるので、授業を楽しく受ける事ができたとしても、緊張感を持ってスキルアップできるように努力しましょう。

オープンキャンパスや体験入学に行こう

イラストを学ぶための専門学校選びは、オープンキャンパスや体験入学に行くと学校の様子を知ることができます。

どんな教室で、どのように学ぶのかがわかります。

学生の作品を目にすることができ、将来の夢が膨らんでいきます。

専門学校によっては、プレスクールがあります。

入学前からイラストを学べるので、早く勉強を始めたい人におすすめです。

まとめ

イラストの専門学校は、たくさんあります。

自分に合った学校を探すことで、スキルアップを目指せます。

どの学校も本格的にイラストを学べます。

卒業後にどんな仕事をしたいのかで、専門学校が変わってきます。

手で描いていくアナログからパソコンを使ったデジタルのイラストまで、幅広く習得できるのが専門学校の魅力になります。