イラストで食べていきたいなら、専門学校でイラストの勉強をしよう!

イラストを描くのが好きな人は、それを仕事にしてみましょう。

イラストが上達すれば、その技能を生かしてイラストレーターとして食べていくことが出来ます。

また、短期間でプロになりたいなら専門学校がおすすめです。

ここではイラストの専門学校の魅力やそこで学べる事を解説します。

夢を叶えるために使えるものはどんどん有効活用していきましょう。

イラストレーターになるルート

イラストレーターになれば、イラストを描く事を生業に出来ます。

子供の頃から教科書に落書きをしたり、ノートに4コマ漫画を描いたりするのが好きな方は、その才能を生かしてプロを目指すのも良い方法です。

また、現在は2つのイラストレーターになるルートが存在します。

独学

一つはひらすら描く練習をしたり、ネットで情報収集をしたりして独学で勉強していく方法です。

才能がある方は、独学でもプロとして十分通用するレベルまで絵はうまくなれます。

実際、現役のプロの中には独学で練習してうまくなったという方も結構います。

才能の世界になりますが、専門学校等の教育機関に行かなくても、プロになれるのがイラストレーターの世界です。

ただ、独学はそれ相応の難しさがあります。

まずどんな所から手を付けて良いのか、どんな練習をしてうまくなっていけば良いのかは、独学の場合は全て手探りとなります。

マイペースで練習していける利点がある反面、マイペース過ぎて、なかなか腕が上がらない人も多いです。

独学が性に合っている人もいますが、そうではない方は、独学でプロを目指すのは険しい道になることもあります。

専門学校

一方、専門学校では独学で学ぶよりも充実した環境で上達してプロを目指せます。

独学はお金がかからずマイペースで学習できるのが魅力ですが、少しお金を出して専門学校に行けば、独学で学ぶよりも遥かに速いスピードで上達することが可能です。

ですから、短期間でプロを目指したいなら、独学で学ぶのではなく専門学校で勉強していく方向へ切り替えるのもおすすめです。

独学で学び、手探りでプロを目指す事が自分には出来ないと感じる方は、専門学校で勉強するのが無難なルートとなります。

人それぞれですが、よく考えて独学でプロになるのか、専門学校に通ってプロになるのか考えていきましょう。

イラストレーターとしての働き方

ちなみに、プロになった後の働き方は2つあります。

一つはフリーランスです。

イラストを描くのは自宅でも出来る仕事ですし、パソコンさえあれば制作から納品まで全て行えます。

最近はHPやクラウドソーシングやSNSなどで、自身の技量やイラストをアピールして仕事を得る方法もあるので、フリーランスとして働く方も多いです。

雇われの仕事だと、どうしても収入の伸びに限界が出てきますが、フリーランスの場合は、売れれば一気に稼げるチャンスがあります。

最初からフリーランスとして働く人もいれば、企業や事務所に就職してからフリーランスに転向する方もいます。

そして、もう一つの働き方が企業や事務所に就職して働く方法です。

イラストの専門学校へ入学すると、名だたる有名企業や制作会社との接点が出てくる事もよくあり、専門学校を卒業した後にそこで働く方も結構います。

フリーランスの仕事は、雇用されているわけではないので不安定な部分もありますが、雇われて働く方法なら安定した収入を期待できます。

おすすめは専門学校

フリーランスや雇われて働く人も、専門学校で学んだ知識はかなり役立ってきます。

フリーランスとして働くのはイラスト制作の技術だけがあれば良いわけではなく、自分のPRしていく力や、税金を納めるための経理の知識なども求められてきます。

専門学校では幅広い知識を学べるので、将来的にフリーランスで働こうと思っている方や、企業勤めをして働こうと思っている方の双方におすすめです。

専門学校の良い所

専門学校は授業料を支払って通うので、それ相応の充実したサービスを受けられ、学習する環境が整っています。

具体的には次のような部分です。

充実した学習カリキュラム

独学で学ぶ場合は、自分でデッサンの練習をする予定を立てて学習プランを練っていく必要がありますが、専門学校では予め作られた学習カリキュラムに沿って勉強していけます。

毎日決められた時間だけしっかり学習することが出来ますので、独学で学習する時にありがちな、勉強をサボる事も少なくなります。

また、学習カリキュラムはプロが練ったものですので、画力が身につきやすいです。

プロモーション力を磨ける

幅広い知識を学べる専門学校では、プロモーション力も磨いていけます。

フリーランスとして働く方は、自分で仕事を勝ち取る必要がありますが、そのコツを専門学校では教えてくれるのです。

フリーとして働く時に、プロモーション力はとても重要になりますので、その知識を得られるメリットは大きいです。

就職活動も助けてくれる

独学で勉強し売り込むのは、何から何まで自分でこなしていかなければいけませんが、専門学校に通う人なら就職活動をする時に学校側が手助けをしてくれます。

一人で就職活動をするより、専門学校の手助けを得てやったほうが就職できる可能性は高くなります。

大抵の専門学校は事務所や制作会社との繋がりがあるため、求人紹介や耳寄りな情報を教えてもらえることも多いです。

ですので、フリーランスとして働くのは考えず、就職を希望する人にも専門学校は非常におすすめ出来ます。

短期集中で腕を磨こう

イラストの専門学校は一年制や二年制があり、その期間は集中して学習する事ができます。

イラスト制作は技能ですので、運転免許と同じで短期集中で学習していったほうが覚えた知識や技能が身につきやすくなります。

マイペースで独学で学ぶ場合、途中に期間が空いてしまうと、覚えたパソコン操作を忘れてしまったりして復習に時間がかかる事もよくあるケースです。

そういった事をなくす意味でも、専門学校で短期集中して学ぶのは意味があります。

入る時の注意点

最後に、そんな専門学校へ入学しようと考えている方は、イラストレーターとしてどの分野で活躍したいのか。

資料請求をして学校について知っていきましょう。

イラストの専門学校には、イラストレーターに関係する仕事の分野に分けた学科が用意されています。

イラストの仕事でもアニメーションを主体に描く仕事や、3Dゲーム用の素材を描く仕事、漫画を描く仕事など種類が沢山あります。

専門学校へ入学する時には、学校側が用意している学科の中から一つを選んで入学することになりますので、入学を検討中の方はまずどの学科を選考するのか決めなければいけません。

自分が本当にやりたい仕事に近い学科選びをしていきましょう。

また、学科選びをするときには、専門学校へ資料請求をしたり体験入学をしたりして決めていくのも良い方法です。

どちらも基本的には無料で出来るものですので、うまく活用して自分の将来の夢を叶えられそうな学校や学科選びの参考になります。

まとめ

高校卒業後に専門的な職業に就きたいなら大学に進学するよりも、専門学校に進学したほうが就職がしやすい場合も多いです。

特にイラストレーターなど技術が必要な仕事は、専門学校での勉強がとても役立つので専門学校には優位性があります。

専門学校に通い、プロになるための技術を学べばイラストレーターなる夢も近付いてきます。