イラストの専門学校に通うメリットは?独学じゃダメなの?

様々な分野で活躍するイラストレーター。

定職として働くのはもちろん、副業で収入を得る人、趣味としてイラストを続ける人など、活躍の場は多岐にわたります。

でも、どうすればイラストが上手になるのでしょうか。

イラストの専門学校に行く方がいいのか、それとも独学でも上手になる方法はあるのか。

専門学校と独学の違いや、それぞれのメリット・デメリットについてまとめました。

イラストの専門学校に通う3つのメリット

テレビCMやSNSでも見かけることの多い、イラストの専門学校。

魅力的なイラストレーターを多数輩出している専門学校が増えてきているので、気になっている人は多いかもしれません。

専門学校に通うことにはどのようなメリットがあるのかを3つにまとめました。

自己アピールに有利

専門学校に通う一番のメリットは、自己アピールしやすい点です。

学校を卒業したということは、基本的なイラストスキルが身についていることが想定されますし、「新卒」として会社の求人に応募するときに有利になります。

事実、専門学校を卒業して新卒として就職する方が、中途採用など実力採用よりも就職しやハードルが低いという方は多いです。

イラスト関連の会社に就職したいという夢があるのなら、専門学校に通うことで得られる恩恵はかなり大きいでしょう。

基礎を学ぶことが出来る

「こんな絵を書きたい!」というビジュアルはしっかりしていても、そこに基礎的な技術が伴っていなければなかなか上達しません。

イラストをアレンジするためには、基礎を身に着けていることが最低条件。

料理と同じで、基本が出来ていないのにアレンジするのは失敗しやすいのです。

イラストの専門学校では、人物の書き方や背景の書き方を基礎から学びます。

ここで大切なのは、講師や教科書のイラストが好きかどうかということではなく、「どう描くのか」という基礎を身に着けることです。

基礎さえ身につけば、あとはアレンジするだけ。

オリジナリティあふれるイラストを描きたい人こそ、まずは専門学校で基礎力を身に着けるべきだと言えるでしょう。

やるための環境が整っている

独学と専門学校に通っている場合では、専門学校に通うケースの方が目標を達成しやすいと言われています。

専門学校には、イラストを描くための環境が整っているからです。

独学だと、疲れていたら描かないという選択肢があります。

上手くいかなくても、誰からも批判されることがありません。

でも専門学校の場合は、自分の体調に関係なく「描く」という環境に身を投じます。

課題もあるので、自分のイラストを修正しなければいけないこともあるでしょう。

やらなきゃいけない環境に身を投じることで、独学よりも確実に短期間でイラストが上達できるというメリットがあるのです。

独学でイラストを学ぶ3つのメリット

専門学校に行かずに独学でイラストを勉強するのは、ハードルが高いのは事実です。

でも独学イラストを学ぶことには、専門学校にはないメリットも存在します。

独学ならではの3つのメリットについて知っておきましょう。

好きなイラストを極めやすい

専門学校では、一定期間を基礎画力をつけることに要します。

基本的なイラストの描き方、デッサン、遠近法のことなど、イラストを描く以外に知識として学ばなければいけないことが多くあります。

さらには定期的に課される課題もありますから、自分の好きなものだけを描くわけにはいきません。

すでに独学である程度が力を身に着けている人の中には、「こんなことにお金や時間を使うなんて」と勿体なく感じることもあるでしょう。

一方で独学なら、自分の知らない部分や、足りない部分だけを集中的に学ぶことができます。

人物デッサンが苦手ならポーズ集をひたすら模写してもいいですし、背景を描くのが苦手なら背景の画力UPに徹することも可能です。

好きなイラストレーターさんがいるなら、その人のイラストを見て学び、真似することで徐々に自分のものとして習得することもできるでしょう。

「こんな絵を描きたい」という目標がはっきりしていればいるほど、専門学校よりも独学の方が上達は早いかもしれません。

お金がかからない

独学最大のメリットは、金銭面です。

学校に通うための通学費用、雑費、学費がかからないので、その分をイラストの画材に費やすことができます。

金額は専門学校によりけりですが、100万円以上お金がかかるケースは多いです。

学費のためにアルバイトを掛け持ちして、肝心のイラストを描く時間が無くなってしまうのは本末転倒。

独学なら、かかるお金はたかが知れています。

有名な画集やポーズ集を買ったとしても、専門学校の学費数か月分以下です。

好きなイラストやテイストが決まっていて、そのために画力を極めたいという強い意志があるのなら独学を選び、専門学校にかかるお金を画力のスキルアップに投資してもいいでしょう。

時間の使い道が自由

専門学校は「学校」なので、講師がいます。

そのため自分の好きな時間にフラリと書くというわけにはいきません。

最近は働きながら通えるフリースタイルの専門学校も増えていますが、それでも学校が開いている時間は限られています。

イラストの勉強に使える時間が限られている場合は、専門学校よりも独学が有利です。

学校に通うための通学時間が削減でき、その分をイラストの勉強に充てることができます。

さらに深夜早朝問わず自由にイラストに打ち込めるので、自分のライフスタイルを守る効果も。

専門学校に通って時間を拘束されたくないのなら、独学で自分たちの時間を有効に活用するのはかなりのメリットでしょう。

専門学校と独学のデメリット比較

専門学校と独学のメリットが分かったら、次はデメリットについても比較してみることをおすすめします。

自分に合っているのは専門学校なのか、それとも独学のスタイルなのか。

デメリットを知ることは、冷静に判断するための材料にもなります。

自己アピールの面

今現在学生で、新卒でイラスト関連の会社に就職したいのなら「専門学校」が断然有利です。

中途採用を一切とっていない会社もありますから、まずはお目当ての会社がどのように求人しているのかを確認しておきましょう。

新卒しか採用していない場合は、独学では不利です。

専門学校を卒業したという事実は、ある程度のスキルを保証することにもなりますから、就職を視野に入れたイラストの勉強ならば専門学校を選ぶ方が多いでしょう。

金銭面

使えるお金が限られているのなら、無理して専門学校に通うのは逆効果かもしれません。

独学なら学費の分を節約しつつ、画材や必要なものに投資することができます。

気になる専門学校があるのなら、まずは費用を見積もってみるといいでしょう。

時間のやりくり

使える時間が限られている場合も、専門学校より独学の方がいいことが多いです。

空いた時間を自由に使えるのは独学ならではです。

ただし自由故に「やらない」という選択肢が出来てしまうので、何が何でもイラストを極めたいのなら専門学校の方が有利だという見方もできます。

どれだけの時間をイラストに使うことができるかを一度計算してみるといいかもしれませんね。

まとめ

イラストのスキルアップには、専門学校に通う方法と独学で学ぶ方法の2種類があります。

しゅうしょくにゆうりなのは断然専門学校に通うケースですが、独学ならではのメリットがあるのも事実です。

お金や時間に限りがあるのなら、専門学校よりも独学で学ぶ方が得る物は多いかもしれません。

それぞれのメリットとデメリットを比較したうえで、自分に合うのはどちらなのか判断してみてはいかがでしょうか。

参考URL・参考文献・根拠など

https://sadaji-note.com/art_school#…