イラストの専門学校は下手でも上達をすることができればプロになれる

イラストの専門学校と聞くと絵などが上手い人でないといけないというようなイメージがあると思います。

実際にイラストレーターになる人というのは絵が上手いと感じますよね。

ですがそれだけではプロというものになることが難しいのが現状です。

どんなに下手であっても、上手くあってもプロになることができる人というのは人々の心を動かすことが多いです。

下手でも大丈夫

絵が上手い人というのは最初から絵が上手いという訳ではないですよね。

最初から上手く描けているのであればそれは才能に近いようなものだと思います。

ですが才能だけではプロになることはできないのです。

どんなに絵が上手くても、その絵が他の人が見てどの様に思うのかというところがポイントになると思います。

例えば上手い人と同時期にイラストの専門学校に入学をしたとして、プロになれた方は最初は絵が下手だった人、というような事もあるのです。

ある程度表現をすることができれば、誰でも入ることができるのがイラストの専門学校の特徴です。

特に専門学校の場合は、学力などを気にせず、どれほど意欲があるのかどうか、どの様なイラストを描きたいのかという事が重要になります。

絵が下手であっても、好きという意欲は変わらないですよね。

その意欲というものが専門学校では一番大事になります。

どんな事でも、イラストが好きであるという事を忘れないようにしましょう。

専門学校に入ってから学ぶことが多い

専門学校の特徴というのは、ある程度の知識も必要になるかもしれませんが、無知の状態から入っても大丈夫という点があります。

例えば絵に関して自由に描いてきたけれど、様々な技法というものがあるとなった場合、先ずはその技法を学ぶことから始まりますよね。

特にイラストというのは、その人の個性を引き出すものにもなります。

その個性をもっと引き出すためには、入ってから学ぶことが多いのではないかと思います。

また、専門学校には自分の知らない知識をたくさん教えてくれる場所でもあります。

自習をするのはもちろんの事、分からないことは積極的に聞いて、積極的にイラストを描くという事をおすすめします。

大切なのは時間を有効に使うこと

専門学校の人が揃って言う言葉が時間が足りないという事です。

専門学校というのはその分野に特化をしているものなので、その事に関する知識や技術について学ぶことができます。

しかしながら作るもの、制作をしたり絵を描いたりと時間のかかるものが多いので、必然的に自由な時間というものがなくなってしまうというのも事実です。

なので一人暮らしをしている人は特にそうですが、アルバイトもしてお金を稼がないといけないという事もあるかもしれません。

ですが、それだけではなく実際に絵を描きたい、イラストを描きたいという人も多いのではないかと思います。

その時に寝る間を惜しんでまで描いてしまうと体調を崩してしまいますよね。

その様になってしまっては元も子もないので、なるべく有効的に時間を使うようにすることが必要になります。

スケジュールなどの管理をしっかりとしつつ、自習に当てる時間も作るようにすることが大事になります。

時間を有効に使う人というのは、基本的にどの様なことも順当にことをすすめます。

イラストを描く際も先ずは構図を考えて、そこから描いて見るという事が多いですよね。

それと同じく、大切なのは時間を有効に使うようにするということなのです。

焦らない

よく提出物が間に合わずに焦ってしまうという事もあります。

ここで大事なことはいつその課題が出たのかという点です。

よくしてしまうのは、全てギリギリまで放置をしてしまい、後々でやってしまうということです。

その様なことになってしまうと、どうしても上手くできず、イラストを描くにも時間をかけてしまいます。

課題などが出た場合は早めに仕上げるようにして、他の課題をするということを先ずはするようにして、その後に自習をするということがポイントになります。

その日に出たものはその日のうちに仕上げるという気持ちですると、自分自身の時間もどんどん増えるのではないかと思います。

比較をしない

どうしても自分は下手だと感じてしまうと、どんどんネガティブな考えを持ってしまい、描けなくなるといったことになりかねません。

そんな時は、先ず自分は自分だということを考えることが大事になります。

円を1つ描くにしても、人によって様々な形があると思います。

その円にも実は個性が出てくるのです。

綺麗な円を描く人もいれば、細長い円を描く人もいるということになります。

それほど個性というものが現れるので、無理に他人と比較をしないようにすることが大事になるのではないかと思います。

最初は比較をしてしまったりすることが多いかもしれません。

ですが、自分は自分だという気持ちが大切になるので、自分のイラストと向き合うようにしましょう。

上達を感じたら他の人と比較をする

どんどん描いていくうちに上達をするようになるのが人というものです。

例えば最初は川の臨場感を出せなかったにも関わらず、今では出せるようになったとなれば、それは上達をしている証拠にもなります。

色使いが雑であったけれど、彩りのあるものを描けるようになったとなれば、それも上達に繋がりますよね。

どんなに最初は無知であっても、どんどん学ぶうちに人というのは伸びていきます。

その時に他の人は実際にどの様なものを描いているのだろうと比較をすると良いです。

そしてその人から学ぶという事も必要になります。

どの様にして表現をしているのか、技法を使っているのかなど、更に学び自分自身を成長させることが大事になります。

プロになれる人はどの様な人なのか

疑問に思う人も多いかもしれませんが、プロになれる人というのはどの様な人なのかという事です。

先ず大事なことは個性を出しているということです。

同じようなものでも、人によって描き方が違ったり、表現の仕方が違いますよね。

それをいかに前面に出すことができるのか、イラストとして出すことができるのかというのが重要になります。

それは言うのであれば、自分自身をイラスト化しているのと同じようなことになります。

自分はこの様な人だ、ということをイラストにしてみると、自分自身と向き合うことができるかもしれません。

イラストは似たりよったりな物も多い

実はイラストというのは似たりよったりするような物も多いですよね。

ですが、似たりよったりな物であっても、その人の個性が現れているので1つ1つの表現が違うと思います。

プロの人というのは、同じ代材であっても全く違ったイラストを描いたりしますが、それは個性を前面に出しているからです。

なのでプロのイラストレーターの人というのは、似ているというような事が少ないですよね。

自分のイラストはこれだ、というものがちゃんとあるからなのです。

プロになる人というのは、自分自身と向き合い、常にそれを思い描いている人も多いのではないかと思います。

まとめ

下手であってもどんな状態であっても専門学校に通い学ぶことができれば上達をすることができます。

どんな状態であってもスタートする場所は皆同じであり、そこからプロへと上がっていった人達ばかりです。

特にイラストなどの世界というのは、どれほど自分の個性を出し、人々を惹き付けることができるのかというところがポイントになります。

その事をしっかりと頭に入れて、上達をすると良いです。