イラストの専門学校は成長をすることができるのかどうか

専門学校というものは基本的に何かに特化したものであり、その分野を極めるのにはとても最適なものと言えますよね。

特に実力派世界での仕事、イラストなどはそのイラストが評価されるのかどうかでも決まるほどです。

実際にプロになっている人というのは、イラストの専門学校に通っていることも多く、そこで多くの事を学んだのです。

どの様な成長をすることができたのか、詳しく見てみたいと思います。

専門学校での成長

専門学校というのは幅広く学ぶことができます。

基本的にイラストだけではなく、マンガやアニメのこと、声優や作詞作曲、映像など幅広い分野の中の1つのコースとしてあるのが特徴的です。

その中でもイラストというのは、他の分野とは違い、上手いだけではプロになることができません。

様々な技術や多くの時間をかけてプロになる人も多いです。

そんな中、専門学校で成長をすることができる人というのは、真面目に通っているからというものではないのです。

自分自身がどの様なイラストを描きたいのかというところに注目をするより分かるようにもなるのではないかと思います。

また、専門学校だけでは成長にも限度というものがあります。

様々な講演であったり、イラスト展などに参加をするという事が成長する1歩になるのではないでしょうか。

専門学校に頼りきりはダメ

イラストの専門学校に通っているから全て教わることができる、というものではありません。

他の学校であったり、他のコースでもそうですが、全ての学校が同じことを教えているとは限りません。

描き方であっても、先ずはどの構図から描くのかというのは教え方によって様々あると思います。

教わったやり方というのはあくまで1つの例であるという事が重要です。

多くの人がそれを元にして、自分自身の描きやすい方法であったり、技術を学んでいます。

専門学校に頼りきりではなく、自主的に勉強をするというのも1つの方法になるのです。

専門学校で成長できない人がいる理由

成長できる人とできない人に大きく分かれるのは意欲であったり、向上心というものが先ずあります。

それ以外にも、学ぶことであったり吸収することができるのかというところがポイントになります。

専門学校で実績を上げているという人は、どんどん吸収することも多く学んでいくような人がほとんどです。

例えば自分の方が既に完成図も構図も考えて描きあげたのにも関わらず、入るまでは目立たなかった人がいつの間にか目立つようなイラストを描くようになったということもあります。

これはその人の努力もあると思いますが、何より学内だけではなく学外でも勉強をしているという事なのではないかと思います。

どの様なこともそうですが、続けて描かなければ上達というものはしません。

イラストもその人の個性を出すものであり、絵や風景など、様々なものがあると思います。

専門学校で学ぶだけという状態では、上達をしたいと思っていても必ず壁に当たることがあるので、学外でも多くのことを吸収する必要があるのです。

多くのイラスト展やイベントに参加することが成長のポイント

専門学校外でできる事の1つには自習というものがあります。

自分のペースで新しいことをどんどん取り入れるというものは良い方法の1つです。

そしてもう1つあるのが、多くのイラスト展やイベントに参加をするということです。

これはイラストの専門学校に限らず、専門学校に通っている人におすすめです。

イラストの場合、その題材に沿ったものを見ることができますが、様々な人が様々な技術を使い描いていると思います。

そのイラストと自分自身のイラストを比較して、何が違うのかというのを先ずは見つけるようにしましょう。

その違いから学べることがあるのかどうか、という事に繋がるので、成長をすることができるようになります。

専門学校内だけではなく、自分のイラストを他の場所に出すというのは実は勇気のいることでもあり、心も強く成長することができます。

挫折をする人も多いですが、評価をされないからといって投げてしまうという事は止めるようにしましょう。

評価をされなかった場合は、その理由も聞くと良いかもしれません。

どこが良いのか、どこが悪いのか、様々な人がイラスト展やイベントに参加をしているので、参考にもなるのではないかと思います。

イラストが描けなくなることもある

成長をするという事は様々な壁にもぶつかるという事になりますよね。

イラストを描こうと思っても描けないという時があります。

特に課題などの提出物であったり、卒業制作でも悩むという人が多いかもしれません。

このイラストが描けなくなるというのは、実は成長をしているという事でもあるのです。

いわゆる自分自身が今何を描きたいのか分からないというのは、自分自身が迷っているという事にも繋がります。

どの様なイラストなのか、迫力があるのか、透き通っているのかなど、自分自身の過去のイラストと向き合うことができる時間でもあるのです。

多くの人はこの壁を乗り越えているのではないかと思います。

その壁を乗り越えるとまた1つ成長をした証でもあるのです。

焦ることはないと思いますが、投げ出してしまいそうな気持ちにもなるので、注意をするようにしましょう。

一時離れることも成長

様々な知識や技術を物にすると、今度は拘りが出るようになります。

それがいわゆる個性に繋がるのですが、イラストに現す際には何度もやり直すことが多いです。

同じようなところで数時間と時間を費やしてしまう場合は、一度離れるということも必要になります。

一度落ち着かせて、もう一度描いた時にはっきりとした想像をすることができ、構図などもしっかりと決まるのではないかと思います。

どの様な人も構図というのはしっかりと決めてから描きあげています。

上手くいかない、と思う時は一度休憩をするのも良い方法なのです。

成長をするのは個人次第

イラストがどんなに好きであれ、時には嫌になるということもあると思います。

特にこの実力が物を言う世界では、精神的にもストレスなど抱えてしまうことも多いです。

その時にずっと逃げていてばかりだと前に進むことができなくなってしまいます。

描きたいと思っているイラストも描けないことが多いかもしれません。

これは様々な技術を学び、成長をしたからこそ立ちはだかるものです。

これを乗り越えるのは、まさに個人次第と言えるのではないかと思います。

乗り越えた先

様々なものを乗り越えた先には自分自身の満足のいくイラストを描くことができるようになっているはずです。

例えば可愛い子を描きたい、カッコイイ子を描きたい、臨場感のある風景を描きたいなど、人によって何を描きたいのかというのは様々でしょう。

最初に似たようなものを描いているのであれば、もう1度そのイラストを実際に描いて見ると分かるのではないかと思います。

何が変わったのか、何の技術を使っているのか、どの様な思いが今はあるのかなど、昔と比べることでより良いイラストができるのではないかと思います。

プロになる人というのは、この様な道も進んでいるのです。

まとめ

専門学校に通っている人というのは基本的にその中で学んだことだけを活かしてイラストを描きあげてしまうことが多いです。

しかし、その専門学校が全てではありません。

他にも学ぶことというのは多くあり、それを吸収することができるのではないかと思います。

成長というのは、どんどん上達をするものでもありますが、それは学校内だけではないという事を覚えておきましょう。