イラストの専門学校 ベスト4選! 評判の良い学校の魅力とは?

日本には、多くのイラストの専門学校がありますが、評判の良い学校もあれば、悪い学校もあります。

もし、評判の悪い学校へ入学してしまえば、イラスト関連の職業に就けなくて失敗してしまうのではないかと不安を感じる方もいるでしょう。

そこで、評判の良いイラストの専門学校を4校まで紹介するので、イラスト関連の職業に就いてみたい方は参考にしてみて下さい。

総合学園ヒューマンアカデミー

『総合学園ヒューマンアカデミー』は、全国に15校もあるので、多くの方たちが学びやすい専門学校です。

さらに、生徒たちが学びやすい環境を用意しているので、その魅力に迫ってみましょう。

学校の特徴

本校には、マンガ家やイラストレーターの現役のプロたちが、講師として指導しています。

イラスト関連の専門学校は多くありますが、プロの講師が指導をしてくれる所は、それほど多くないので短期間のうちにスキルアップしたい場合には、本校はおすすめの専門学校です。

さらに、入学から卒業後までバックアップしてくれるので、近くに学校がない場合であっても、気軽に上京する事も可能です。

学費をサポートしているので、経済的に余裕のない方でも学べる可能性は十分にあります。

イラストに関連する学科は『コミックイラスト専攻コース』があって、イラスト制作だけではなく、カラーイラストや編集特別ゼミなどが行われているのです。

様々な画材を利用できますし、デジタルのイラスト制作も学べるので、今までにない画風を確立する事もできます。

学校の評判

入学した方たちの中には、自分のレベルに合わせて指導してくれる所を満足している方がいました。

数多くある専門学校の中には、初心者でも学べるとアピールしている所もありますが、実際には生徒たちのレベルの差があって、苦労してしまうケースもあるのです。

そのようなケースがある事を考えたら、生徒のレベルに合わせて指導してくれるのは、魅力的なポイントでしょう。

カリキュラムでは、デビューするためのステップが用意されている上に、先生は的確にアドバイスしてくれて満足している方もいました。

東京コミュニケーションアート専門学校

専門学校は、学習期間が短いので、プロのイラストレーターになるためのスキルを習得しないうちに卒業してしまう方は多くいます。

ところが『東京コミュニケーションアート専門学校』の場合には、学習期間を長くする事によって、イラストのスキルを習得してから卒業できる可能性が高くなっているので、詳しく紹介します。

学校の特徴

通常の専門学校であれば、学習期間は2年となっていますが、本校の場合には3年制や4年制を導入しているので、イラストのスキルを習得しやすくなっています。

そのため、2年の学習期間ではスキルを習得できるのか、不安を感じている場合には、本校を検討してみる価値があります。

さらに『Wメジャーカリキュラム』を採用していて、入学する際に選んだ専攻に加えて、他の専攻も選ぶ事ができるのです。

実際に、入学する際に学んでみたいと思えた学科でも、入学した後には他の学科のほうを学びたくなるケースがあります。

そのような事を考えたら、Wメジャーカリキュラムがあるのは注目すべきポイントです。

本校の『イラストレーター専攻』では、デザイナーやイラストレーターにとって必要なスキルを学べるので、就職活動する際には選択肢の幅を広げる事ができます。

学校の評判

学習期間が3年以上もあるので、しっかりと基礎から学べて、満足しているケースがありました。

実際に、学習期間が2年になっている所では、基礎的なカリキュラムを学べる時間が短くなっているので、あまりスキルを習得できないうちに次のスキルを学ばなくてはいけません。

そのため、今までイラスト作品をあまり制作してこなかった方でも、プロのイラストレーターを目指す事が十分に可能です。

授業では、生徒の個性を伸ばせるような指導を行なっているケースもあったので、学びやすい環境になっています。

日本アニメ・マンガ専門学校

『日本アニメ・マンガ専門学校』は、イラストを制作するためのスキルをしっかりと学べるようになっているので、イラスト関連のスキルを中心に学びたい方には、おすすめの学校なので詳しく解説します。

学校の特徴

イメージ通りのイラストを制作するためには、画力を高める事が重要なので、本校の『コミックイラスト科』では『ドローイング』が用意されています。

ドローイングを学べば、画力を高められる上に、観察眼を身に付くので、プロになった後の作品制作する際に役立つ事でしょう。

さらに『色彩学』や『アナログ・デジタル画材技法』なども学べるので、様々な画材の使い方を覚える事もできます。

アナログは失敗したら、手間暇をかけて修正する必要はありますが、デジタルにはない作風に仕上げる事ができるのです。

それに引き換え、デジタルは修正が容易なだけではなく、インターネット上で簡単に作品を送信する事が可能です。

本校は『インターンシップ』も行われていて、在学中のうちにプロの仕事を経験する事ができて、デビュー活動する際には自信を持って活動する事ができます(個人差があるので注意)。

学校の評判

本校に入学したら、生徒をしっかりと応援してくれて、この学校を選んで良かったと思っている生徒がいました。

ただし、初心者OKと言われていても、入学してみたら他の生徒とレベルの差を感じてしまうケースもあったので、ある程度は競争していく覚悟を持ったほうが良いでしょう。

そして、生徒たちの中には、途中からイラスト関連の職業に就く事を諦めた方もいたので、注意して下さい。

代々木アニメーション学院

『代々木アニメーション学院』では、デジタルのイラストを制作するためのカリキュラムを用意しているので、アナログよりもデジタルのスキルを学びたい方には魅力的な学校です。

そこで、どのようなカリキュラムがあるのか紹介するので、みていきましょう。

学校の特徴

本校のイラスト科では、最新の液タブ『Wacom MobileStudio Pro』を利用して、学習する事ができます。

液タブを利用できたら、アナログのような環境で、デジタルのイラストを制作する事ができるのです。

そのため、本校で学べば、短期間のうちにデジタルのイラストを制作できるようになります。

授業では『人体描画テクニック』を指導しているので、キャラクターを描く事が苦手な方は学んでみる価値があります。

そして、専用ソフトの『Photoshop』や『Illustrator』などの操作法も学べて、イラストの制作だけではなく、加工や修正も行う事が可能です。

学校の評判

授業では、道具の使い方について学ぶ事ができて、スキルアップできたので、満足できるケースがありました。

そのため、様々な道具の使い方を知りたい場合には、本校を検討してみる価値があります。

デビューする際には、的確なアドバイスをしてくれるケースもあったので、一人でデビュー活動をする事が不安な方でも、デビュー活動しやすい専門学校です。

まとめ

多くの生徒たちから評判の良い専門学校では、短期間のうちにイラストを制作できるようになって、満足している方が多くいました。

それに引き換え、評判の悪い専門学校へ入学してしまえば、あまりスキルアップできなくて、挫折をしてしまう方もいます。

ただし、評判の良い専門学校へ入学した場合でも、率先的に作品を制作していかなければ、他の生徒との競争に負けて挫折をする可能性があるので注意して下さい。

参考URL・参考文献・根拠など

https://www.athuman.com/form/ha/lp/…
https://www.tca.ac.jp/creative/
http://www.web-jam.jp/gakka/comic-i…
https://www.yoani.co.jp/course/com_…