イラスト専門学校の通信講座を選ぶ際のポイントやメリットとは?

イラスト専門学校は、校舎まで足を運んで授業を受ける所もあれば、自宅で学ぶ事ができる『通信講座』もあります。

通信講座でイラストの制作方法を学ぶ場合には、様々なメリットもあればデメリットもあるので、注意しなければいけません。

そこで、イラストの通信講座を選ぶ際のポイントやメリットなどを紹介するので、参考にしてみて下さい。

通信講座を選ぶ際のポイント

通信講座を選ぶ前に、いくつか把握しておかなければ、短期間で画力を上げる事は難しいです。

そこで、どのようなポイントを把握しておけば良いのか説明するので、確認してみて下さい。

作品の送り方

通信講座であれば、自宅でイラストの制作方法を学べますが、完成した作品を専門学校の講師に送らなければいけません。

送る方法は2つあって、1つ目はイラスト作品を郵送する方法で、2つ目はインターネットでデジタル画像を送信する方法です。

アナログのイラストを制作する場合には、郵送する場合が多いので、時間をかけてしまいます。

それに引き換え、デジタルのイラストの場合であれば、瞬間的に送信する事ができるので、あまり時間をかけないで済みます。

そのため、時間をあまりかけたくない場合には、作品の送り方を把握した上で、通信講座を選ぶようにしましょう。

カリキュラム

通信講座を選ぶ際には、自分が学びたいと思えるものを受講したほうが良いです。

もし、アナログのイラストを制作したいと考えていたのに、デジタルのイラストを制作する通信講座を選んでしまえば、意味がありません。

自分の好みに合わない通信講座を選んでしまったら、興味のないものを学ぶ必要があるので、時間やお金を無駄に使ってしまいます。

現在であれば、インターネットで、カリキュラムの内容を詳しく知る事ができるので、その内容を把握してから選ぶようにしましょう。

イラスト専門学校の通信講座のメリット

イラスト専門学校の通信講座を利用した事がない方は、校舎まで行かなくて、本当にスキルアップできるのか心配してしまうかもしれません。

しかし、通信講座は様々なメリットがあるので詳しく紹介しましょう。

通学時間をカット

通信講座でイラスト制作を学べば、校舎まで行く必要がないので、通学時間をカットする事ができます。

通学時間を減らす事ができれば、イラスト作品を制作する時間を確保しやすくなるので、短期間でスキルアップする事も容易です。

実際に、イラスト専門学校がない市町村もあるので、自宅の近くに専門学校がない場合には、通信講座を検討してみる価値があります。

教材の種類

義務教育を受けている時に、授業に追いつけなくて困った事はないでしょうか。

授業についていける生徒と、ついていけない生徒が出てしまうのは『集中力』が関係している場合が多いです。

興味のある授業であれば、講師の話について真剣に聞く事はできます。

しかし、興味のない授業であれば、講師の話を聞く事に集中できなくて、授業についていけない場合があるのです。

仮に興味のある授業であっても、集中力が散漫になりやすい方は、授業についていく事は難しいです。

しかし、通信講座の場合であれば動画を見ながら学習できる場合もあるので、集中力が低下しやすい方でも、動画を何回も見直す事によって勉強する事ができます。

学習時間が自由

イラストの仕事に就きたいと思っていても、就職活動に失敗して、イラストとは関係のない企業に就職してしまった方は多いでしょう。

社会人になってから、再び夢を追いかけたくて専門学校へ入学したいと思っても、会社へ通勤した後に専門学校へ通学する事は、容易ではありません。

しかし、通信講座の場合であれば、自由な時間に学ぶ事ができるので、社会人の方であっても学ぶ事は容易です。

会社を辞めないで、イラストを学びたい場合には、通信講座はおすすめの学習方法です。

イラスト専門学校の通信講座のデメリット

イラスト専門学校の通信講座は、メリットだけではなく、デメリットもあるので、注意する必要があります。

受講してから、後悔する事がないように、どのようなデメリットがあるのか解説します。

講師の指導のタイミング

通信講座は社会人でも学べるので、多くの方たちが利用できますが、リアルタイムで指導を受ける事はできません。

仮に、デジタルのイラスト画像を送信した場合であっても、講師が24時間体制で見られる訳ではないので、返信がくるまで時間をかけてしまいます。

講師からアドバイスを貰う前に、作品制作を続ける事になってしまうので「早めにアドバイスを貰いたかった」と落胆する可能性があるのです。

そのため、早めにアドバイスを貰いたい場合には、注意して下さい。

設備が不十分

専門学校まで、直に足を運んで授業を受ける場合であれば、様々な設備を利用する事ができます。

それに引き換え、通信講座の場合であれば、利用者が様々な設備を用意しておく必要があります。

デジタルのイラストを制作する場合であれば、パソコン・ペンタブ・専用ソフトなどを用意しておく必要があるので、お金をかけてしまうのです。

アナログのイラストの場合であれば、消耗品の鉛筆や絵の具などで済みますが、デジタルのイラスト制作を学びたい方は気を付けて下さい。

おすすめの通信講座

イラスト専門学校の通信講座について詳しく紹介してきましたが、それでも、どの学校を選んだら良いのか悩んでしまうかもしれません。

そこで、おすすめの通信講座を3つまで紹介するので、参考にしてみて下さい。

ヒューマンアカデミー 夜間・週末講座

『ヒューマンアカデミー 夜間・週末講座』は、映像講義や添削課題が送られてきます。

『デジタル作画』や『キャラクターイラスト基礎』などを学べるので、今までイラスト作品を制作してこなかった方でも、画力を高める事は十分に可能です。

さらに『キャラクターイラスト応用』や『キャラクターイラスト実践』なども学べるので、キャラクターを描く事が苦手な方は、検討してみる価値があります。

イラストの制作方法について分からない場合でも、コミュニケーションシステム『My Page』を利用すれば、気軽に質問する事が可能です。

宇都宮メディア・アーツ専門学校

『宇都宮メディア・アーツ専門学校』の『イラストレーションコース』では、イラストの基礎から応用まで学ぶ事ができます。

基礎だけではなく、応用まで学べるので、初心者の方だけではなく、中級者や上級者の方でもスキルアップできる可能性は高いです。

さらに『色彩検定2・3級』などを取得する事も可能なので、イラストに関連する資格を取得したい方は、学んでみる価値があるでしょう。

色彩検定について勉強すれば、配色の効果を学べるので、イラストの仕事をする際に役立てる事が可能です。

アートスクール通信講座

『アートスクール通信講座』は、初級・中級・上級などが用意されていて、少しずつステップアップできるようになっています。

作品を制作した後は、プロのイラストレーターが指導してくれるので、短期間でスキルアップする事が可能です。

さらに『テクニック解説DVD』で、講師の手の動きをしっかりと観察する事ができるので、自分の手の動かし方が間違っているのか把握しやすくなっています。

まとめ

イラスト専門学校の通信講座は、通学時間をカットする事ができますし、自由な時間で受講する事ができます。

そのため、会社を辞めなくてもイラスト制作について学ぶ事ができるので、貯金を切り崩す必要がありません。

通信講座を利用して、スキルアップできれば、あまり貯金を減らさないで、イラスト関連の企業へ転職する事も十分に可能です。

参考URL・参考文献・根拠など

https://human-yakan.com/illust/cour…
http://www.media-arts.ac.jp/corresp…
https://art-tsusin.com/company/