今からプロを目指すならイラストの専門学校へ!専門学校が良い理由

イラストの上達方法が分からないという方や、イラストを上達させてプロのイラストレーターになりたい方は、専門学校で自分の可能性を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

専門学校の学習カリキュラムに沿って勉強していけば、素人からでもプロのイラストレーターになることが出来ます。

また、イラストはただ絵が描けるだけではなく発想なども重要ですが、その発想法なども専門学校では教えてくれる所もあります。

ここでは何故専門学校が良いのかを解説します。

なぜ専門学校が良いのか

専門学校に通わず、自分で腕を磨いてプロになる方もいますが、誰もが独学で学びプロになれるレベルまで技術を上げられるとは限りません。

人によってはイラスト上達のやり方や勉強方法が分からず、何年経っても思うようにイラストがうまくならず悩む人もいます。

しかし、イラストの専門学校の場合なら、プロとして働くために必要な知識や技術を一から教えてくれるので、そこに通えば基本的に誰でもプロレベルの技術を得られます。

2年という長い時間をかけて、講師陣が手とり足取りイラスト制作のコツを伝授してくれるので、イラスト制作のスキルを短期間でアップさせたいなら専門学校がおすすめなのです。

イラストの専門学校で出来る事

学校により違いはありますが、イラストの専門学校で学べることは非常に多いです。

デッサンを学べる

初心者の方は、最初のデッサンの段階でうまく描けない事も多いですが、デッサンを描く時のコツも教えてもらえます。

デッサンは基本中の基本の為、学校の講義は素人の人にとってはかなり役立つでしょう。

技法を学べる

絵やイラストを描くツールは同じでも、描き方は人それぞれ違いがあります。

正解は無いですが、色々な描く技法を知っておけば、いざという時にそれが役立ったりします。

独学だと興味のあることだけに熱中し、幅広い知識が身につかない場合もありますが、専門学校なら基本的な技法から応用まで幅広く学べます。

デザインセンスを磨ける

学校では課題や実習等を通して、実践的なイラスト制作を行い、力をつけていくことができます。

また、プロの講師もいれば、プロを目指す同じ仲間も周りにはいて刺激もありますので、デザインセンスを磨ける環境が整っています。

他人の話やイラストを見て、将来の糧にしていきましょう。

経験を身に付けられる

例えば、学校によってはポスターや名刺で利用するイラストを作ったり、雑誌のデザイン制作をしたりします。

色々なイラスト制作を行って経験を積めば、それもまたイラスト制作や就職活動の時に役立ってきます。

就職がしやすい

専門学校に行く事は、技術や知識習得が出来る利点の他に、就職がしやすいという利点もあります。

独学だとコネのような物は基本的にありませんが、専門学校では学校自体がプロダクションや企業との繋がりがあり、就職支援体制も万全です。

学校によっては就職保証をしてくれる等、就職に関してかなり手厚いサポートが受けられます。

イベント等があるのも魅力

ちなみに、専門学校に通うとイベントやフェスに学生として参加できるメリットもあります。

デザインフェスタに自分の作品を展示することになれば、それだけペンを持つ手にも力が入ってくるでしょう。

また、イベントに参加すると同業者や同じ夢を目指す学生との交流も出てきます。

楽しいイベントごとに積極的に参加してみたい方にもイラストの専門学校はおすすめです。

まとめ

基本的にイラストレーターは業務独占資格のようなものはなく、必ずしも専門学校に通わなければいけない訳ではありませんが、素人から勉強を始めてプロを目指すなら専門学校に通ったほうが良いです。

また、独学で学習する方法に比べると、専門学校に行くことはプロへの近道となってきます。

学校に通い本物のプロを目指していきましょう。