大阪のイラストの専門学校 ベスト4選!スキルアップしやすい環境?

大阪は、関西地方で最大の都市という事もあって、多くのイラストの専門学校があります。

そのため、大阪に住んでいる方であれば、東京へ上京しなくても、地元でイラストレーターを目指す事が可能です。

今から、イラストレーターを目指そうとしている方たちのために、大阪のイラストの専門学校を4校まで紹介するので、参考にしてみて下さい。

大阪モード学園

『大阪モード学園』は、好きな事を仕事にするために、様々な取り組みを行っています。

イラスト制作を仕事にしたい方たちにとって、興味深い学校だと思うので、その魅力に迫ってみましょう。

専門学校の魅力

専門学校へ通えば、プロになれると思っている方は多いかもしれませんが、残念ながらプロになれない方たちは多くいます。

プロになれない理由としては、生徒本人の努力が足りない場合もありますが、学びづらい学校またはサポート体制が整っていない学校に入学した場合があるからです。

それでは、本校はどうなっているのかと言えば、12年連続で希望就職率が100%を誇っています(2019年3月20日時点の情報)。

さらに『3大保証制度』を用意していて、完全就職保証制度・国家資格 合格保証制度・15年間就職保証制度などがあるのです。

これほどの保証制度がある専門学校へ通えば、好きな仕事をするのも夢ではありません。

カリキュラムの内容

本校の『グラフィック学科』では、グラフィックデザイナー専攻・WEB&デザイナー専攻・イラストレーション専攻などがあります。

全ての専攻で、デザインを学ぶ事ができるので、画力を高める事ができます。

しかし、イラストを集中的に学びたい場合には、イラストレーション専攻がおすすめです。

なぜなら、イラストレーション専攻では、デジタルとアナログの両方のスキルを指導しながら、イラストレーターになれるような授業を行なっているからです。

大阪総合デザイン専門学校

『大阪総合デザイン専門学校』は、新しい時代や、生徒の希望に対応できるような学校経営を行なっています。

そのため、多くの方たちが満足できる専門学校だと思うので、詳しく紹介しましょう。

専門学校の魅力

現在は、アナログだけではなく、デジタルのイラストを採用しているケースが多くなっているので、古い学習方法を採用している専門学校では対応しきれなくなっています。

そのため、本校では新しい時代に対応できるように、多彩なスキルを生徒たちに指導しているのです。

さらに『選択専門授業』を拡大している事から、生徒たちは自分の好みに合う授業を選ぶ事が可能になっています。

実際に、入学した時に、自分の好みに合わない学科を採用してしまうケースもあるので、途中から好きな授業を選べるのは魅力的なポイントです。

そのため、入学する際に、どの学科を選べば良いのか悩んでしまいがちな方は、本校に入学してみる事をおすすめします。

カリキュラムの内容

本校の『アートイラストコース』では、アナログとデジタルの両方のスキルを指導している上に、初心者の方でもスキルアップできるようになっています。

なぜなら、1年次に、デッサン・クロッキー・色彩構成・アート表現などの基礎的なスキルを指導しているからです。

何回もデッサンやクロッキーを行なっていれば、短期間のうちに画力をアップする事が可能です。

さらに、1年次の後期になればデジタルイラストやデザイン実習も行っているので、次第に新しいスキルも習得していけるので、あまり授業に飽きないような取り組みを行っています。

HAL大阪

イラストレーターを目指している方たちの中には、リアルなイラストを制作してみたいと思っている方もいるでしょう。

そこで、おすすめしたいのが『HAL大阪』です。

HAL大阪は、リアルなイラストを制作できるような授業を行っているので、詳しく解説しましょう。

専門学校の魅力

本校も希望就職率が、12年連続で100%を誇っています(2007年の情報なので注意)。

さらに、各業界のスペシャリストを指導者として迎えているので、的確なアドバイスを受ける事が可能です。

実際に講師のレベルが低くなっている専門学校へ入学してしまえば、あまりスキルアップできないのです。

そのような事を考えたら、短期間のうちにスキルアップしたい方は本校を検討してみる価値があります。

設備面も充実している専門学校になっていて、多くのパソコンが完備されているのです。

パソコンが多くあれば、生徒一人ひとりが、デジタルのイラストを効率よく製作する事ができます。

そして『パリ校 留学システム』を採用しているので、途中で外国へ留学してみて、様々な経験を積む事も可能です。

カリキュラムの内容

多くの専門学校は、学習期間が2年しかないので、あまりスキルアップできないで、卒業してしまうケースがあります。

それに引き換え、本校の『アニメ・イラスト学科』は、4年制になっているので、多くのスキルを習得する事が可能です。

授業では、プロのイラストレーターと同じ環境で学ぶ事ができるので、高度なテクニックを習得する事ができます。

さらに、キャラクターだけではなく、背景の製作まで学ぶ事ができるので、立体的なイラストを完成させる事もできるのです。

大阪アニメーションカレッジ専門学校

『大阪アニメーションカレッジ専門学校』は、生徒の感性を大事にしながら、授業を行っているので、自分の長所を潰さないでスキルアップする事ができます。

そこで、自分の長所だけを伸ばしたい方のために、どのような特徴がある学校なのか解説しましょう。

専門学校の魅力

本校は、スキルを指導しているだけではなく、生徒の個性を磨けるように指導しているので、長所が潰される心配がありません。

講師と生徒の相性によっては、長所が潰されるように感じてしまうかもしれませんが、個性を重視している専門学校なので、スキルばかりを重視している所よりは長所を伸ばしやすくなっています。

さらに、基礎力・応用力・実践力などをアップさせるためのカリキュラムを用意しているので、プロになった後に役立つ能力を身に付ける事もできます。

そして、提携用マンション『カレッジ・グリーン・ハイツ』を用意していて、家賃がわずか3万円で住む事が可能です。

住所は、本校より自転車で、10分程度で着く距離になっているので、通学時間をカットしたい方には魅力的なポイントでしょう。

カリキュラムの内容

本校の学科『マンガ・イラスト』では、ストーリーコミックコース・キャラクターデザインコース・総合コミックコースなどがあります。

ストーリーコミックコースは、漫画家を目指すためのコースなので関係ありませんが、キャラクターデザインコースではキャラクターを制作するためのスキルを取得する事が可能です。

カラー画材から、デジタルの画材の利用法を覚えられるので、幅広い画風を確立する事が可能です。

総合コミックコースでは、漫画家とイラストレーターになるための両方のスキルを取得できるので、デビュー活動の幅を広げる事ができます。

まとめ

大阪の専門学校の中には、学びやすい環境を整えている学校があるので、今までイラストを制作してこなかった方でも、短期間のうちにプロを目指す事も可能です。

ただし、プロのイラストレーターになったとしても、最初のうちから稼ぐ事は難しいので、しばらくのうちは我慢をする必要があります。

そのため、収入が少ない時は、アルバイトをしながら、イラストレーターを続ける事も検討したほうが良いです。

参考URL・参考文献・根拠など

https://www.mode.ac.jp/osaka/course…
https://www.oscd.jp/
https://www.hal.ac.jp/osaka/course/…
https://www.osaka-anime.jp/section/