東京のイラストの専門学校4選! 基礎から応用までしっかり学べる?

イラストの仕事をして生きてみたいと思っても、プロになる事は簡単ではありません。

しかし、東京のイラストの専門学校は、多くの所で基礎から応用まで指導しているのです。

実践的なスキルばかり指導するような学校では、初心者には難しいのですが、基礎から指導してくれるので、今までイラストを制作してこなかった方でもプロを目指す事は可能です。

そこで、今からイラストを学んでみたい方のために、東京で学びやすい専門学校を4校まで紹介するので、みていきましょう。

東京デザイナー学院

『東京デザイナー学院』では、入学した後でも自由に教科を変えられるので、今までイラストについて詳しく知らない方でも学びやすい専門学校になっています。

自由度の高い所なので、多くの方たちがスキルを学びやすくなっているので、その魅力に迫ってみましょう。

学校の特色

多くの専門学校では、入学する際に学科を選ぶ事になって、卒業するまで、入学時に選んだ学科だけで学ぶ事が常識になっています。

入学した当時は何も理解していない生徒の場合には、途中で学びたくない学科と気づいても、卒業するまで変える事ができないので、退屈な学校生活を送る事になるので注意しなければいけません。

しかし、本校は特殊な学習システムを用意していて、1年次前期は共通のカリキュラムを勉強して、1年次後期~2年次後期まで同じ学科でも午後は好き授業を選択できるようになっています。

入学してから、時期が経ってから好きな授業を選べるので、ある程度まで知識を身についた状態で、好みに合う教科を学べるようになっているのです。

カリキュラムの内容

本校で、イラストに関連のある学科は『グラフィックデザイン科』と『イラストレーション科』です。

グラフィックデザイン科では、イラストデザインやキャラクターデザインなどを学べるのです。

基礎的な画力を身につけられるように、デッサンや色彩演習などを学べるので、今までイラストを制作してこなかった方でも、高いスキルを習得する事ができます。

イラストレーション科では、イラストに関連する専攻が8つも用意されています。

これだけ多くの専攻が用意されているので、アナログだけではなくデジタルのイラストを制作できる方法を学ぶ事が可能です。

東京アニメーションカレッジ専門学校

数多くある専門学校の中には『東京アニメーションカレッジ専門学校』のように、充実した設備を完備する事によって、効率よくイラスト制作を学べる学校もあるのです。

設備が充実していれば、短期間でスキルアップする事ができるので、本校の設備やカリキュラムについて詳しく紹介しましょう。

学校の特色

デジタルのイラストを制作するためには、パソコンやペンタブなどが必要になってきます。

ペンタブが無くても、イラストを制作する事は可能ですが、ペンタブを利用しなければ、なめらかな線を引く事が出来ないので、今ではペンタブを利用する事が主流になっているのです。

本校では『パソコン実習室』を備えていて、多くのパソコンやペンタブを用意している事から、デジタルのイラストを制作しやすくなっているのです。

さらに『デッサンルーム』も完備しているので、多くの生徒たちがデッサンに集中する事もできます。

『マンガ・イラスト実習室』も備えているので、短期間でも高いスキルを習得する事ができる学校になっています。

カリキュラムの内容

イラストに関連するコースとして『キャラクターイラストコース』が用意されています。

キャラクターイラストコースでは、出版系イラスト・広告イラスト・キャラクターデザイングッズのデザインなどを学べるので、卒業した後はイラストレーターになって様々な仕事を引き受ける事もできるようになります。

実際に、引き受けられる仕事の種類が少ない場合には、生活費を稼げるほどのイラストレーターになる事は難しいのが現状です。

好きな仕事をして、生活苦になりたくない場合には、様々なスキルを指導してくれるキャラクターイラストコースは、おすすめです。

HAL東京

イラスト制作について学んでも、プロデビューできなければ意味がありません。

そこで、おすすめしたいのが『HAL東京』です。

本校では、驚異的な就職率を誇っているので、少しでもプロデビューできる可能性が高い所へ入学したい方のために、その秘密に迫ってみましょう。

学校の特色

本校のHPの発表によれば、希望者就職率は、8年連続で100%を達成しました(2010年度以降の実績)。

就職率が低い学校で学んでしまっては、スキルを学んでもイラストレーターになれない可能性が高いので、就職率が8年連続で100%を誇っているのは注目すべきポイントと言えるでしょう。

なぜ、これほどの就職率を誇っているのかと言えば、各業界のプロを講師として迎え入れて『スペシャルゼミ」を行なっているからです。

プロから指導してもらえれば、学習期間が短くても、プロのレベルに近く事は十分に可能です。

さらに、企業やプロと連携する『産学直結ケーススタディ』を採用しているので、実践的なスキルを習得できるので、プロデビューしやすい環境を整えています。

カリキュラムの内容

本校には、イラストのスキルを学べる学科は『アニメ・イラスト学科』しかありませんが、業界のトップのアニメーターや、ウォルト・ディズニー・ジャパンの方などが来校して、指導を行なってくれるのです。

さらに『業界最先端』のソフトとハードを備えている事から、最先端のスキルを習得する事ができます。

学科は1つしかありませんが『アニメーター専攻』と『イラストレーター専攻』があります。

イラストレーター専攻のほうが、イラスト制作を集中的に学べるので、イラストレーターを目指したい場合には、イラストレーター専攻のほうがおすすめです。

東京デザインテクノロジーセンター専門学校

『東京デザインテクノロジーセンター専門学校』は、スキルを指導するだけではなく、デビュー活動までサポートしてくれるので、多くの方たちが授業に集中しやすくなっているので詳しく紹介しましょう。

学校の特色

本校では『Wメジャーカリキュラム』を用意していて、幅広いスキルを習得できる上に、自由度の高い学校になっています。

在学中でも、プロの業界で活躍できるように『産学共同教育』も行なっていて、仕事をする際には、どのような流れになっているのか把握する事が可能です。

本校は『就職・デビューシステム』を用意していて『ポートフォリオ作成』について指導してくれます。

ポートフォリオは作品集の事で、イラストレーターとしてデビュー活動する際には、自分の実力をアピールするために必要不可欠なものです。

カリキュラムの内容

様々な学科が用意されている専門学校ですが、イラストに関連するものは『クリエイターワールド』の『コミックイラスト専攻』と『総合アニメーション専攻』です。

コミックイラスト専攻では、イラストからキャラクターデザインロゴ・広告・パッケージデザインなどの制作方法を学ぶ事ができます。

基礎カリキュラムや専門カリキュラムなどを用意しているので、初心者から上級者まで満足しやすい授業を受ける事ができます。

総合アニメーション専攻では、イラストだけではなくアニメーション制作まで学ぶ事になりますが、多くのスキルを学べるので、就職活動&デビュー活動の選択肢の幅を広げたい場合には、おすすめの専攻です。

まとめ

東京のイラストの専門学校では、様々なカリキュラムを用意しているだけではなくて、学びやすい環境まで用意しています。

学びやすい環境になっていれば、短期間で高いスキルを習得できますし、授業に集中しやすくなります。

そのため、集中力があまり高くない方でも、東京のイラストの専門学校に入学した場合には、画力をアップさせる事もできるでしょう。