確実に実力が身につくイラストの専門学校を見つける8つの視点

イラストは、学歴や資格ではなく、実力がモノを言う世界です。

イラストを将来の職業にする場合には、いかにスキルをつけるかが勝負になります。

イラストは独学でも学べますが、専門学校で専門的な訓練を受けることで技術が格段に上達する可能性があります。

専門学校のメリットは、現在の実力に関係なく初心者の立場から学べる点です。

但し、各学校によって特徴があります。

安易な選び方ではなく、最善の選び方を知ることが大切です。

スキル上達のために適切な学校選び

専門学校を選ぶ場合に大切なことは、自分のイラスト作成スキルが確実に上達することです。

職業にできるほどの実力が身について、専門学校選びは成功したと言えるでしょう。

上達のためには様々な要素を備えた学校選びが大切です。

目をつけるべきポイントを理解しておくことで、途中挫折することなく学習を続けることも可能でしょう。

立地、設備、カリキュラム、教育的特徴、講師、学費、就職率、イベントの点から、それぞれのポイントを見ていきましょう。

通学しやすい場所が基本

自宅から通学圏内にある専門学校であれば、利用しやすいのは当然です。

通学時間が節約できるため、専門学校で学んだ内容を復習する時間も多く取ることができるでしょう。

アルバイトを計画している場合も、通学時間が短ければ時間的余裕が生まれます。

生活費や学費を少しでもアルバイトで賄いたいと考えている人にとっても便利です。

但し、自宅近くに適当な専門学校がない場合があります。

自分に合った専門学校が、自宅から離れた場所にあるというケースも考えられます。

行きたい専門学校が遠くにある場合

近隣にイラストの専門学校がなく、通学時間に負担が大きい場合はどうしたらいいのでしょうか。

生活利便性を考えて、下宿や寮を利用することも一つの方法です。

専門学校によっては、寮や下宿を紹介しているところがあります。

近くの専門学校にすべきか、遠くの気に入った専門学校にすべきかについて迷うケースもあります。

この場合は、バランスを考えることが大切です。

専門学校選びはネームバリューに影響される面もありますが、客観的な教育内容が大切です。

何となくではなく、本当にその学校に入りたい明確な理由が必要です。

曖昧な理由であれば、もっと詳細に学校の特色を検討することが大切です。

どうしても通学が困難な場合や、他に仕事を持っている場合などは、通信の専門学校を選ぶ方法があります。

自宅にいながら通信教育で学習できるため、通学の労力がかかりません。

映像による学習や個別メールサポートなど、充実した通信教育内容を用意している専門学校もあります。

最新技術にマッチした設備導入

専門学校の設備もよく調べておきましょう。

進化するイラストの世界にあって、古い教育設備のままでは最新の学習ができない可能性があります。

どのような設備を揃えているのか、最新技術が身につくのかなど、設備面のチェックを事前に行うことが大切です。

説明会や個別相談で直接確認することや、ネット上の口コミを参考にすることもできます。

最も確実なのは自分の目で確かめることです。

体験学習など、興味ある専門学校の入学前イベントに参加してみることが役立ちます。

取得したいスキルが確実に学べるカリキュラム

カリキュラムは学校ごとに違いがあります。

アナログの技法から最新デジタルの技法まで、基礎から応用を確実に学ぶことができれば効果的です。

特にデジタルを中心に学びたいのであれば、該当カリキュラムが充実している専門学校を選択することが適切です。

基礎から学ぶコースとデジタルを中心に学ぶコースに分かれている場合もあります。

デジタルの学習はパソコンが苦手な人にとっては特に難しく感じる部分であり、専門学校で一から勉強すると効率的です。

個人によって上達したいイラスト分野に違いもあるでしょう。

専門学校には分野においてもそれぞれコースがあり、希望する適切なコース選択が重要です。

そのコースで何が学べるのか、どのような教育を行うのかについてよく調べておきましょう。

自己分析で適切な専門学校を選択

教育的特徴は各専門学校によって独自性があります。

イラストの総合的な学習ができる学校もあれば、特定分野の特化型に特徴を持つ学校もあります。

個人の個性に重きを置く指導方針もあれば、基本からみっちり指導するケースもあります。

最新技術の取得に長けた教育指導を行っている場合もあります。

全ての要素を完璧に満たす専門学校を探すことは難しい場合でも、自分が優先する目的に沿った専門学校を探すことは可能です。

自分が何を求めているかについて自己分析を行い、その目的が叶う専門学校を探すことがおすすめです。

質の高い講師はスキル向上に欠かせない要素

質の高い講師の授業は、イラスト技術向上に欠かせない点です。

個人指導が行き届いていれば、さらにメリットを享受することができます。

専門学校の中には有名講師が在籍している場合もあります。

それも一つの選択要素ですが、全体としてどのようなプロ講師が在籍しているかを知ることが重要です。

就職の良さや卒業生の多さなど、実績のある専門学校であれば、講師の質も水準以上のものを備えていると考えていいでしょう。

多人数制か少人数制かについても意識しておきたい部分です。

一人一人の懇切丁寧な指導を望んでいる場合は、少人数制の方が適している場合があります。

講師との関わり方は入学してみないと判断できない部分もありますが、事前の情報収集は重要です。

ネット上の口コミも参考になります。

体験学習があれば実際に参加してみることで、判断の一つの目安になるでしょう。

学費の中身を検討する

専門学校選びにおいて、学費は頭を悩ます部分です。

学生であれば、まず親の理解が重要な点です。

この専門学校を利用したいという明確な理由と将来設計について親に伝えることで、学費についても協力を得ることが可能になるでしょう。

それぞれの専門学校について、学費を比較してみることは大切です。

この際に重要なのは、入学から卒業まで総額にいくらかかるかという点です。

入学金や授業料だけではなく、教材費なども含めた専門学校を利用するにあたって実際にかかる総額です。

パンフレットや募集要項でわかりにくい点があれば、直接専門学校に問い合わせてみるといいでしょう。

単年では安く感じても、総額に換算すると割高になるケースもあります。

学費を見る場合には、高いか安いかだけの判断をしがちです。

しかしそれだけではなく、学費に見合った教育内容かどうかの判断が重要です。

他校と比べて学費が高い場合や、逆に低い場合には、それぞれ明確な理由があるはずです。

その理由を探り、自分で納得できるかどうかが大切です。

就職状況は専門学校の信頼性を示す重要なデータ

就職状況について知ることは極めて重要です。

自分が就きたい職業や会社など、実際の就職先に含まれているかどうか、その数がどの程度かについて確認しておきましょう。

各専門学校は、パンフレットで就職状況や就職率について記載しています。

単なる数字だけではなく、実情を探ることが重要です。

就職状況や実態について明確な形でパンフレットに記載されている学校であれば、信頼性が高いと判断していいでしょう。

説明会のような機会を利用して、さらに就職について詳しい内容を知ることもおすすめです。

モチベーション維持に役立つイベント

専門学校では、学習を進める中で自分のモチベーション維持に役立つイベントが用意されているかも確認しておきたい部分です。

イベントの種類は、各専門学校によって特色があります。

業界関係者の実演イベントなど、自分の創作意欲を刺激するものがあれば、日々の学習に好影響を及ぼす期待ができます。

まとめ

イラストの専門学校を利用する場合に、置かれている環境で困難を感じることもあります。

他に仕事があり時間が限られている人や学費の問題を抱えている人は、それに対応したカリキュラムや学費設定を行っている専門学校を探すといいでしょう。

通信講座の利用やフレキシブルなカリキュラム設定など、自分の環境に合わせて利用しやすい専門学校を選ぶことは大切です。

参考URL・参考文献・根拠など

http://pentabu.it-kaden.com/%E7%A7%…