福岡のイラストの専門学校 ベスト4選!様々なスキルを学べる?

福岡には、数多くのイラストの専門学校があるので、福岡県に住んでいる方は地元で、イラストに関連するスキルを習得する事ができます。

イラストのスキルを習得する事ができれば、フリーランスでイラストレーターとして活躍する事も十分に可能です。

そこで、福岡県に住んでいて、イラストレーターを目指している方たちのために、福岡県にある専門学校を4校まで紹介しましょう。

福岡デザイン&テクノロジー専門学校

『福岡デザイン&テクノロジー専門学校』では、様々な技法を習得する事ができるで、今までとは違う画風を確立する事が可能になります。

今まで、自分の才能に限界を感じていた方でも、本校であれば才能を伸ばせる可能性があるので、どのような学校か解説していきましょう。

学校の特徴

イラストレーターとしてのスキルを習得したとしても、将来は、社会人として、最低限のマナーやコミュニケーション能力というものが必要になっていきます。

そこで、本校では実学教育や国際教育だけではなく『人間教育』にも力を入れています。

産業界・高校・地域・学生&保護者たちの信頼関係も重視している専門学校なので、生徒に対して丁寧な指導を行ってくれる学校です。

本校は『スペシャルイベント』も行われていて、人気の高いイラストレーターが参加してくる事もあるのです。

オープンキャンパスや説明会などを行われているので、どのような学校か心配になってしまう場合には、まずはオープンキャンパスや説明会に参加してみるのも、悪くはないでしょう。

カリキュラム

本校の『コミックイラスト&キャラクターデザイン専攻』では、アナログとデジタルのスキルを指導しています。

多くのスキルを指導している所なので『キャラクターデザイン』の製作方法も学ぶ事が可能です。

そのため、今までキャラクターを製作する事が苦手な方でも、この学科で学べば、今までよりイメージ通りのキャラクターを製作できる可能性が高くなります。

さらに『小説挿絵製作』も行われている事から、イラストレーターだけではなく、絵本作家を目指す事も十分に可能です。

少しでもデビュー活動の選択肢の幅を広げたい場合には、本校はおすすめです。

ASOポップカルチャー専門学校

『ASOポップカルチャー専門学校』は、就職率が高くなっている上に、学費サポートまで行っています。

そのため、経済的に余裕のない方でも学びやすい専門学校になっているので、その魅力に迫ってみましょう。

学校の特徴

本校の就職率は、95.4%まで達した事があって、多くの生徒たちが社会へ羽ばたいていきました(平成28年の情報)。

なぜ、これほどの就職率を誇っているのかと言えば、万全の体制で就職活動をサポートしているからです。

実際に、担任だけではなく就職専任スタッフたちが連携をして、生徒をバックアップしてくれます。

さらに『就活バックパップセミナー』や『面接教室』まで行われているので、就職活動に不安を感じてしまう方でも、本校であれば自信を持って就職活動に臨めるでしょう。

学費サポート制度では、全額免除してもらえるケースもあれば、入学者二人のうち一人を特待生として採用しています。

奨学金や支援金なども用意されているので、学費を少しは安く済ませる事ができます。

カリキュラム

本校の『イラスト分野』では、第一線で活躍してきたプロの方が、イラスト製作を指導しているので、短期間でスキルアップする事が可能です。

授業では、基礎的なスキルから表現力まで学べるので、初心者の方だけではなく、中級者や上級者の方でも学んでみる価値がある専門学校です。

イラストと聞いたら、多くの方たちは平面の作品をイメージするかもしれませんが、本校では『空間表現』も学べるので、立体的で奥行きのあるイラストを製作できるようになります。

専門学校 九州デザイナー学院

『専門学校 九州デザイナー学院』は、学校名にデザイナーと付けられている事もあって、イラストレーターだけではなくデザイナーを目指す事もできます。

そのため、様々な仕事を受けたい方には、魅力的な専門学校だと思うので詳しく紹介しましょう。

学校の特徴

本校は、充実した設備を完備しているので、授業に集中しやすい環境を整えた専門学校です。

『Macルーム』では、多くのMacが用意されているので、多くの生徒たちがMacを利用できます。

実際に、数多くある専門学校の中には、Macの数が少なくて、数人の生徒がMac一台を共有する所もあるのです。

そのような授業の受け方では、効率よくスキルを習得する事ができないのです。

それを考えたら、本校のように多くのMacを完備しているのは、魅力的なポイントと言えるでしょう。

カリキュラム

本校の『イラストレーション学科』では、Macの基礎からデジタルイラストの製作方法まで指導しているので、今までデジタル関連のソフトを操作した事がない方でも学びやすい学校になっています。

実際に、デジタルのイラストを製作できるようになれば、着色に失敗した場合でも修正が容易なので、効率よくイラストを製作する事が可能です。

さらに、AdobeのIllustrator・Photoshop・Dreamweaverなどの操作も学べるので、イラストレーター・グラフィックデザイナー・DTPデザイナー・WEBデザイナー・キャラクターデザイナーなどを目指す事ができるのです。

そして、ポートフォリオ製作まで行われるので、就職活動を有利に進める事もできます。

日本デザイナー学院

イラストレーターになるためには、デッサン力や画力なども必要になりますが、独学ではスキルアップしづらい所です。

そこで、おすすめしたいのが『日本デザイナー学院』です。

本校で学べば、デッサン力や画力を高める事が可能になるので、その理由について詳しく解説しましょう。

学校の特徴

本校では、自分のベースを作れるように、世界へ発信できるクリエイターを育成するように心がけている専門学校です。

そのためには、基礎的なスキルが重要になっていくので、デジタルのスキルだけではなく、基礎のアナログから徹底的に指導をしています。

授業では、イラストを製作できるだけではなく『企画』を提案できるように指導しているので、フリーランスで活躍するイラストレーターだけではなく、企業に就職した場合でもイラストレーターとして活躍する事も可能です。

義務教育の時に、授業に追いつかなかった方たちは、企画を提案できるようになるのか心配になってしまうかもしれません。

しかし、本校では『少人数制』を採用しているので、義務教育の時よりも授業に追いつきやすくなっています。

授業に追いつく事ができれば、企画を提案できる能力を身につける事は十分に可能なので、様々なアイディアを考えられるようになるでしょう。

カリキュラム

本校で学べば、デッサン力を上げる事ができるのは、デッサンから丁寧に指導しているからです。

基礎的なスキルの指導ばかりを受けていたら、イラストを製作する時間が短くなってしまうのではないかと思うかもしれませんが、3年制になっていて授業時間は『3,000時間』もあります。

これほどの授業時間があるので、デッサンの指導を受けていても、色彩構成・立体構成・デザイン概論・イラストレーションなど様々なスキルを習得する事ができます。

まとめ

今回紹介した4校は、どこの学校でもイラストレーターを目指す事はできますが、自分の好みに会う専門学校を選ぶ事が重要です。

実際に、学費をサポートしてくれる所もあれば、授業時間が多い所もあります。

学費をサポートしてくれる所であれば、アルバイトをしないでも通学できる場合もあるので、イラストを制作する時間を確保しやすいです。

さらに、授業時間が長ければ、様々なスキルを習得する事ができるので、学校によってメリットが大きく違っています。

メリットが違うので、自分が最も重要視しているものを備えている専門学校を選ぶようにしましょう。

参考URL・参考文献・根拠など

https://www.fca.ac.jp/course/manga_…
https://apc.asojuku.ac.jp/field/ill…
https://www.kdg.ac.jp/illustration….
https://www.ndg-nbs.ac.jp/courses/i…